旬の野菜を食べよう!

The following two tabs change content below.
飯島美穂

飯島美穂

飯島美穂

最新記事 by 飯島美穂 (全て見る)

 

 

こんにちは!
肩こりらくだ上水戸店の飯島です。
最近猛暑が続いていますね。
みなさま熱中症にならないように水分補給はこまめにしているとは思いますが、食事の方はいかがでしょうか?

タイトルにも書かせていただきましたが、旬の野菜にはその時期に必要な栄養素が沢山詰まっています。
今の時期の夏野菜には水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、身体にこもった熱をクールダウンしてくれます。
夏に不足しがちな栄養素が簡単に補給できるのが夏野菜のいいところです!
代表的な”キュウリ”は汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれています。また、酢の物で食べることで効率よくビタミンCを取ることが出来ます。
“トマト”には抗酸化作用(体が酸化するのを防ぐ作用)のあるビタミンAとビタミンCがたっぷり含まれています。ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使うことでより強力な抗酸化作用が期待出来ます。またトマトに含まれるリコピンが美肌効果をもたらしてくれます。
“ピーマン”には皮膚の結合組織を作るコラーゲンの合成を助けたり、メラニン色素沈着を防ぎすこやかな肌を保つためのビタミンCが豊富です。ピーマンは皮膚や粘膜を健やかに保ちウイルスから身体を守りながら夏風邪にも効果的なビタミンAも含まれています。ビタミンAは油と一緒にとることで吸収率が高まるので油で炒めて食べるのがオススメです。
“ゴーヤ”には、ビタミンC、ビタミンミネラルをバランスよく含んでいます。ゴーヤにはカリウムも多くむくみを解消し、滞った代謝を促進します。
“かぼちゃ”にはカロテン、カリウム、ビタミン、カルシウムが含まれています。カロテンは肌、目などを丈夫にし、免疫力を高めてくれる効果もあり、老化防止や美肌効果などもあります。

夏場は紫外線や暑さのストレスなどにより活性酸素のダメージを受けやすいため、抗酸化作用のある野菜(ビタミンA、C、E、ミネラルなど)をとって内側からサビにくい身体作りにしていきましょう!

肩こりらくだとは五感レベルでの顧客満足度100%をめざす集団なのです。

4805 PV

Facebookコメント

スタッフ紹介

石川 植田 大和田 軍司
高木
 
丹 斉藤 倉持
田部 飯島    
 
スタッフの詳しい情報は画面をクリック