施術ベットと揉みの相性の関係性

施術ベットと揉みの相性の関係性
The following two tabs change content below.
田中 友和

田中 友和

こんにちわ。肩こりらくだ上水戸店 代表の田中友和です。H19年に当サロンを企業しました。現在スタッフ10名の個人サロンですが、県内NO.1目指して奮闘中です。 好きな言葉は『創造的破壊』です。常に常識を疑い新しいものを創造する自分でありたいと思っています。 経営理念は、 『お客様の笑顔にさせます 働くスタッフの笑顔にさせます 茨城を笑顔で伝染させます』
前回の『セラピストの指の形と施術のもみの相性の関係性』でもお話しましたようにもみの相性というものが存在します。この揉みの相性をコントロールできれば、いつでも安心できる安定したサービスを受ける事ができます。
揉みの相性だけでははく施術ベットの種類でも施術の質が変化してしまいます。
当店は、全部で7つの施術台があります。一般のリラクゼーション店では、全ての施術台を統一しているお店がほとんどです。
理由としましては、施術台が統一してあった方が、セラピストが施術内容をパターン化しやすい。 何処の場所でも同じ同じ施術をすればいいからです。
これは、完全にお客様よりお店の可動性が重視の考え方なんです。物をたくさん売るような仕事の場合は生産性は大事ですが、自分達、セラピストは人が創り出す繊細な技術が商品なので一定にする事が本来は難しいのです。

人間は性別、身長、体重、、筋肉の量、骨の長さ形も人によって異なるのに同じ商品サービスでマッチングする方がおあしいのです。

当店は、そこをよりマッチングさせるために施術台までこだわります。具体的にどういう所かといいいますと・・・

(1)お客様の身長に合わせた施術台施術台の長さや幅にこだわっています。

(2)セラピストの身長に合わせて揉みの力を効率よく伝える施術台の高さと角度ににこだわります。

【パターン1】 この施術台はオーソドックスなものです。(1台所有)
1-1 1-2

【仕様】 高さ55cm×幅60cm×長さ180cm

・この高さだと腰など下へ押し込む施術にむいてます。幅も60cmだと肩や背中への施術をする時にしっかりと伝えわりやすい幅です。この幅がもっと広すぎると腕や背中周りの筋肉や皮膚が寄りすぎて神経にダイレクトに伝わりにくくなります。力が伝わりにくくなるという事は無駄な力が必要になるので、術後の揉み返しなどの好転反応が起こりやすくなるのでお客様の身体への負担がかかってしまうのです。
2-1 2-2
2-3 2-4
この施術台の機能でフェイスマットの角度調整がかの可能です。角度調整をする事で次の効果が期待できます。

(1)うつ伏せの際にかお顔が痛くなりにくく呼吸がしやすい。

(2)うつ伏せで顎を引く事で肩や背中の肩甲骨の筋肉が動き、ラインがとらえやすくなるので、無駄な力が必要なくなり、身体に優しいアプローチができる。

【パターン2】 この施術台は腕おきが付いており腕が辛くなりにくい(1台所有)
3-1 3-2
【仕様】 高さ50cm×幅60cm×長さ200cm
・パターン1より高さが低いので腰など下へ押す施術にむいています。当店では、腰がお辛いお客様にはパターン1・2を選択しています。
この施術台の最大の特徴は腕おきがついているので腕がうっ血しないというしないという事です。長時間のうつ伏せは腕の付け根を圧迫するので血液の流れを逆に悪くします。
施術台の前方(頭側)の横幅も40cmとスタッフがより近くで施術できるので、肩や肩甲骨の角度がしっかりと押す事ができます。
このようにお客様のタイプによって使い分けをしています。揉みの相性は指だけでなく施術台にある事は施術者も気がついていないのが現状なのです。

指と施術台を使い分けてお客様へのアプローチを一定にするために当店では1ヶ月に1回のペースで3ヶ月間を1つの工程とさせて頂いています。

1回目の施術で指の相性と施術台、揉んで欲しい箇所を絞り込みます。

2回目の施術で、施術のより余計な箇所と必要な箇所を絞り込みます。

3回目で、お客様の理想の施術者、場所、箇所を提供し発展させていきます。

他店はこのお客様の施術工程をしっかり組む事は少ないのです。だから、お客様はそのつど説明が必要になってしまうのです。

経験ありますよね?当店はお客様が理想のサロンをつくるために日々、進化をしていかなければいけないと思っております。

是非、3回を1クール試して見て下さい。

肩こりらくだメインページはこちら

肩こりらくだとは五感レベルでの顧客満足度100%をめざす集団なのです。

About The Author

田中 友和
こんにちわ。肩こりらくだ上水戸店 代表の田中友和です。H19年に当サロンを企業しました。現在スタッフ10名の個人サロンですが、県内NO.1目指して奮闘中です。

好きな言葉は『創造的破壊』です。常に常識を疑い新しいものを創造する自分でありたいと思っています。

経営理念は、
『お客様の笑顔にさせます 働くスタッフの笑顔にさせます 茨城を笑顔で伝染させます』

Facebookコメント

スタッフ紹介

石川 植田 大和田 軍司
高木
 
丹 斉藤 倉持
田部 飯島    
 
スタッフの詳しい情報は画面をクリック