お腹を温めよう!

The following two tabs change content below.
飯島美穂

飯島美穂

飯島美穂

最新記事 by 飯島美穂 (全て見る)

肩こりらくだ上水戸店の飯島です。
10月も終わりあっという間に11月ですね。
日中はポカポカでも朝晩はとても冷える時期になってきました。
私は、代謝が悪く筋肉量も少なく人より寒がりで足先は常に冷えています。
女性は男性に比べて筋肉量が少ない方が多い為、冷え性な方が多いですね。

冷え性の方が手足が冷えるのは、冷えた身体から守るために、重要な部分であるお腹(内臓)に血液を集中させるからで、お腹から遠い部分は血液が流れず、冷たくなります。
多くの方は冷たくなってしまったからと手足を頑張って温め
ようとします。
しかし、頑張って手足を温めてもお腹は冷たい場合も…
では、どうしたら手足もお腹も温まるのか?

冷え性対策としては、末端部位より中心部を温めることです。
お腹が温まると、自然と温かい血液がカラダを廻って、
勝手に手足の先がホカホカしてきます。

使い捨てカイロを使ってお腹を温めたり腹巻を巻くのも冷え性対策にはいいですね!
おへそより指2本分下にあるツボを温めると効果的で、毎日温めることでコンディションが安定して、元気に過ごせるといわれています。

お腹以外にも温めるといい部位
<首>
太い血管があるため、首を温めることで、全身が効率よく温まります。
<背中>
肩から背中にかけて大きな筋肉があり、冷えると血流が悪くなり、筋肉が固くなってしまいます。そんな時は、肩甲骨の間を温めます。肩こりの緩和にも。
<腰・お尻>
腰は、冷えによる不調を感じやすい場所です。おへその真裏のツボ、そこから指2本分外側のあるツボ、この辺りを温めることで腰全体を温めることができます。
<足>
冷えやすい足の中でも、特に指先は温めたい部位ですが、全身を温めるには、太い血管がある足首のくるぶし周辺を温めます。

使い捨てカイロなどを上手に活用して冷え性対策をしてみて下さい!

肩こりらくだとは五感レベルでの顧客満足度100%をめざす集団なのです。

Facebookコメント

スタッフ紹介

石川 植田 大和田 軍司
高木
 
丹 斉藤 倉持
田部 飯島    
 
スタッフの詳しい情報は画面をクリック