冷えの対策に肝臓を休ませよう!

冷えの対策に肝臓を休ませよう!

The following two tabs change content below.
倉持直樹

倉持直樹

倉持直樹

最新記事 by 倉持直樹 (全て見る)

こんにちは、肩こりらくだ上水戸店の倉持です。

昨日は雪も降って寒さが本格的になってきましたね(; ゚゚)

冷えは凝りの天敵なので暖かくして下さいね!

以前のブログで冷えや凝りの原因は血流がドロドロしていて流れが悪くなってしまい、それを改善するために血流をサラサラにする食事のお話をしましたが、

血流が悪い=血流がドロドロ

のイメージしてる方も多いと思いますが、それだけでなく、実は血が足りなく流れる血が少なくて末端が冷えてしまうなんてこともあるんです。

血をたっぷりつくるためには肝臓を休ませることも大切です。

肝臓は臓器の中で1番血を貯める臓器です。

さらに肝臓は食べた栄養をエネルギーの元に変えたり、薬やアルコールなどの解毒、胆汁を作るなど様々な働きがあります。

そのため血も沢山使われるので、夜遅い時間に食事をガッツリ摂ってすぐ寝てしまうと、寝てる間に肝臓や胃腸が休まず働き、過労状態になってしまうと血の質が悪くなり、流れも悪くなってしまいます。

そのために肝臓や胃腸を休めることで、過労状態を改善し、血の質を良くすることで血流も良くなります。

休めるとなると

断食?無理(; ゚゚)

となってしまいますが、いきなり断食ではなくプチ断食がオススメです!

プチ断食は夜だけ食べない断食です。

食べないことにより、肝臓や胃腸の負担を軽減し夜だけでも休ませます。

そうすることで血の質が良くなり、血流改善にも繋がります。

夜だけ全く食べないのがキツいという時は、固形物のないスープや野菜ジュースだけにする。

週に2、3日だけ行う。または、まずは1日だけやってみるなど

目標を高くせず軽めからスタートするのがオススメです。

夜だけ食べない断食ですが、その分日中はしっかり食べないと返って栄養不足で体調を崩してしまうなんてこともあるので

日中はバランスよくきちんと食べないといけませんよ!

身体を休めることと同時に、身体の中を休めることも大切です。

肝臓を休めて質の良い血を作り、循環を良くしていきましょう♪

肩こりらくだとは五感レベルでの顧客満足度100%をめざす集団なのです。

106 PV

Facebookコメント

スタッフ紹介

石川 植田 大和田 軍司
高木
 
丹 斉藤 倉持
田部 飯島    
 
スタッフの詳しい情報は画面をクリック