心のデトックス

The following two tabs change content below.
飯島美穂

飯島美穂

飯島美穂

最新記事 by 飯島美穂 (全て見る)

こんにちは、らくだ上水戸店の飯島です。

そろそろ梅雨の時期ですね!
天候の変化で体調を崩す方も多くなる時期かと思います。

突然ですが、「涙活」という言葉をご存知ですか?
涙活とは1ヶ月に2、3分、能動的に涙を流すことで、心のデトックスを図る活動をいいます。
涙をたくさん流すこと=しっかり泣くことでストレスが解消される。

ブログ画像

人の涙には大きく3つの種類があります。目の表面を常に潤している『基礎分泌の涙』と、目にゴミが入った時や玉ねぎを刻んで目にしみた時など、刺激を受けた時に出る『反射の涙』。

そして3つ目が、ふだん私たちが感情の動きにつられて流す『情動の涙』です。

自律神経には、体を興奮させる『交感神経』と、反対にリラックスさせる『副交感神経』があり、通常はそれぞれのつり合いがとれています。

でもストレスを感じると、交感神経の方が一時的に優位に働き、自律神経は乱れがちに。そんな時に、この『情動の涙』が自律神経のバランスを回復してくれるんです。

涙の種類がいくつかあることは分かりましたが、泣くことが、どんな時でもストレス解消につながるわけではないんです。

たとえば『今は泣いちゃいけない場面だ』とぐっと我慢しながらも、こらえきれずに泣いてしまう時。涙をおさえようとする気持ちの負荷で、かえってストレスが増大してしまうこともあります。
大事なのは、『泣いても大丈夫』と自分を肯定できる状況で、誰に気兼ねなく泣けること。

感動する映画や小説を観て思いきり泣いた後には、心がスッキリししますよね。感動して流す涙も、『情動の涙』の一つ。
ストレス解消に効果的だといわれています。

また、涙を流すことでストレス解消意外にも、寝る前に涙を流すことで、不眠解消にも効果があるそうです。
寝る前に泣いてしまうと次の日目が腫れてしまうのでは?と心配な方もいると思います。
涙が出ている時は目を擦らずに流れるがままにすると良いそうです!

涙を流し、心のデトックスしてみませんか。

肩こりらくだとは五感レベルでの顧客満足度100%をめざす集団なのです。

Facebookコメント

スタッフ紹介

石川 植田 大和田 軍司
高木
 
丹 斉藤 倉持
田部 飯島    
 
スタッフの詳しい情報は画面をクリック