鎖骨美人に!

The following two tabs change content below.
飯島美穂

飯島美穂

飯島美穂

最新記事 by 飯島美穂 (全て見る)

らくだ上水戸店の飯島です。
いよいよ夏本番!連日暑い日が続いていますね。
水分をしっかり取り熱中症にならないように気をつけたいですね。
少し前に、テレビで、熱中症予防には冷蔵庫などで冷やしたものを飲むといいとやっていました!
冷房は適度につけた方がいいですが、長時間いるのも体が冷えてしまう、怠くなる、浮腫んでしまうこともありますね。

そもそも、浮腫んでいるかわからない!
その場合、身体のむくみをチェックできるのが、鎖骨だそうです!

ブログ画像

全身のリンパは最終的には鎖骨の下を流れる静脈にたどり着きとくに左鎖骨の下へは全身の3/4が集結するそうです。
つまり右顔右手右胸は右の鎖骨の下へ。それ以外は右脚だろうと左脚だろうと、ほとんどが左の鎖骨の下へ流れてゆきます。

浮腫がある場合鎖骨が埋もれてしまい、鎖骨を埋もれさせてしまう原因のひとつとしてあげられるのは姿勢の悪さです。
「姿勢の筋肉の低下」で、肩甲骨や肋骨まわりにある姿勢をまっすぐに保つ筋肉が加齢とともに減ってくることで、「背中が丸まる」「首が前に出る」といった変化が起こり、それが結果的に鎖骨を斜めに引き上げ、埋もれさせてしまうのです。
猫背の人は鎖骨周りが埋まってしまいがちで、他にも肩こりや眼精疲労などを引き起こしたりもするので姿勢が悪い方は改善したいですね。

先ほど、すべてのリンパは鎖骨の下に流れてゆくとお伝えしましたが、鎖骨に動きをつけないことには何をしたってリンパ液は滞ってしまうのです。

簡単な鎖骨を動かしてリンパを流す肩の動かし方として、
まず肘を脇腹にしっかりくっつけた状態で、そこから肩を回してみます。できるだけ大きく、前から後ろに5回、後ろから前に5回。これを1セットにして3セット。
この時、出来るだけ鎖骨、肩甲骨を動かすことを意識してみて下さい。

とても簡単な動作なので仕事や家事の合間に!
毎日続けて鎖骨美人になりましょう!!

肩こりらくだとは五感レベルでの顧客満足度100%をめざす集団なのです。

Facebookコメント

スタッフ紹介

石川 植田 大和田 軍司
高木
 
丹 斉藤 倉持
田部 飯島    
 
スタッフの詳しい情報は画面をクリック